いこま内科・眼科クリニックのホームページを御覧いただき、ありがとうございます。。サイトを移転しリニューアル致しました。
[お気に入り]に加えて頂けると幸いです。

 診 察 内 容   (受付時間変更に関しましては、下記をご覧ください)

診療科目 外来診察時間
内 科  9:30 〜13:00
16:30 〜18:30
眼 科  9:30 〜13:00
内視鏡検査 13:00〜16:00
          
 毎月第2、第5土曜日は休診となります。
  どうか御注意下さい。




(受付時間変更に関しましては、下記をご覧ください)

 
 午前受付 8時55分〜11時まで 
 (10時の段階で3時間以上の待ち時間発生時は申し訳ございませんが、
  10時半で受け付け終了となります。13時からの大腸内視鏡検査・処置
  のため、どうか御了承ください。 )
 
午後受付15時55分〜18時30分
 (17時の段階で2時間以上の待ち時間発生時は申し訳ございませんが
  18時で受け付け終了となります。夜間の往診のためどうか御了承ください。) 





胃内視鏡検査は月曜から土曜日いずれの日も行っています。(予約制)
胃内視鏡検査は午前診察前、11時台、12時台に行っています。
大腸内視鏡検査は月、火、木、金曜日に行っています。(予約制)
大腸内視鏡検査は13時から行っています
 
 
  
吐血、黒色便、血便などで緊急内視鏡を行う必要のある方は、その日に
  検査、処置を行う態勢でいますので、御心配な点はどうぞ御相談ください。



     

 毎月第2、第5土曜日は休診となります。
  どうか御注意下さい。




2014年4月からに続きまして、さらに2018年10月から複数の最新の内視鏡システムを導入
しています。
現在上部消化管内視鏡としまして、経鼻内視鏡3本、経口用直視内視鏡1本、側視鏡1本、
下部消化管内視鏡としまして、拡大機能つき大腸内視鏡3本を装備させていただいています。
ひきつづき患者様に、最新の内視鏡システムを用いて、患者様に安心して検査・治療を受けて
いただくように、努力していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


上部内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)は、9時(診察前の部)、11時、12時(診察中)に行っています。診察途中、検査、処置のため、診察の方の待ち時間が、変化、長くなってしまう時間帯が生じる可能性があります。どうか御了承ください。よろしくおねがい申し上げます。
下部(大腸)内視鏡検査及び緊急内視鏡検査・処置は午後に行っています。電話でも 御予約可能です。内服薬の種類をお聞きしますので、お薬手帳を御覧ください。詳細に関しましては、どうぞ電話でもお問い合わせください。


  

内科 (院長
   高血圧・糖尿病・高脂血症・高尿酸血症などの生活習慣病,
   風邪・喘息などの呼吸器疾患,花粉症の治療やアレルゲン検査など
   めまい、頭痛、しびれなどの初期治療、検査
   (随時、胸部レントゲン、心電図、検尿血液検査、頚動脈エコー、
   下肢動脈硬化検査可能です。)
   胃・十二指腸潰瘍の診断と治療
   ピロリ菌検査と除菌治療
   腹痛,胸やけ,嘔気・嘔吐などの消化器症状
   逆流性食道炎,機能性胃腸症(神経性胃炎)
   便秘・下痢などの便通異常,炎症性腸疾患
   過敏性腸症候群(大腸過敏症)
   肝臓(脂肪肝、肝炎など)・胆嚢(胆石、ポリープなど)・膵臓・腎臓
   (腎結石、腎炎、腎盂炎)などの内臓疾患 
   骨粗しょう症検査・治療
   経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ
   日帰り大腸検査(大腸カメラ),内視鏡的大腸ポリープ切除術(内視鏡手術)
   胃がん検診(精密検査),大腸がん検診(精密検査),便秘治療
   予防接種

眼科(副院長
   成人・小児眼科全般
  



皆様、当クリニックのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当クリニックは私が内科、妻が眼科を専門とし、診療させていただいています。
夫婦二人とも大阪の地で医学を修得し、その後は勤務医として医療に従事致しておりましたが、
医学生教養部時代を過ごした大学の近くで親しみのあった地 「北花田」で
地域医療に貢献する事を目指し、平成18年に開業し、現在も変わらぬ志と努力を重ねる事
により、地域医療の発展をめざしたいと考えています。


内科の私は、当時病院勤務時代での感染症や生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)、慢性呼吸器疾患、消化器疾患全般の診断や治療を主とし、
更に超音波や内視鏡を用いて食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓,膵臓、胆管系疾患などの
診断・治療は専門医として従事してまいりました。


開業以前に胃内視鏡検査は約35,000人に、(開業後の約7年は、約8000人に)、
開業以前に全大腸内視鏡検査は約8,000人に、(開業後の約7年は、約3200人に)、
最近普及されつつある早期胃、大腸癌に対するESD(粘膜下層剥離術)は150人の方に、
さらに肝臓癌に対する血管内治療(塞栓術)は約300名に、
重症膵炎に対する動注療法は、約30名の方に、完全主治医として施行していました。
今後も内視鏡を含めた医療機器や医学も更に進化すると考えられますが、
できるだけ最新の医療機器を備え、苦痛の少ない検査治療も目指したい
という考えを現在も変えることなく日々努力を重ねています。

また、長かった介護病棟併設の急性期総合病院勤務時代での経験を活かす為に、
往診や介護に関してましても、積極的に取り組みたいと考え、現在も実施しています。

糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病に対する診断や治療、総合検診に
関しましても、みなさまの健康づくりに積極的に取り組んでいきますので、
お気軽に何でも相談して下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


  

苦痛のない内視鏡検査、各種検査を心がけています。

胃と腸の内視鏡検査に関しましては、必要な場合は全て内視鏡でできるだけ苦痛のない検査をこころがけています。 胃に関しましては、患者様の御希望をお伺いさせていただいた上で、鼻からでも口からでも検査可能です。(ほとんどの方が経鼻内視鏡検査のほうが楽だったとおっしゃられています。
詳しくは経鼻内視鏡検査のページを御覧ください。

腸に関しましては、便秘が続く方、貧血がすこし進んでいる方、時々血便がある方(痔のせいにされている方が、結構いらっしゃいます。)、 便がときどき細くなってきている方、検診で便潜血反応陽性を指摘された方、いままでにない腹痛が出現してきている方に検査をお勧めしています。 腸の検査はできるだけ避けたいと考えられがちですが、全大腸を観察させていただき、その場でポリープ切除可能な場合は、処置をさせていただいています。 御希望の方には、御家族の方にも検査中、内視鏡室で患者様の傍らで一緒に御覧になっていただいています。 (詳しくは大腸内視鏡検査のコーナーを御覧ください。

デジタル処理のレントゲン撮影により、撮影後約30秒後に診察室で画像説明可能となっています。また頚動脈エコー、腹部エコーなどに関しましては、そのまま診察室ですぐ検査する事が可能です。診察室内で皆様に直接画像をご覧いただきながら、わかりやすく説明させていただいています。

当クリニックでは、皆様にお元気で、できるだけ長生きしていただけるように、
努力を惜しまずに研鑽を続けていく決意です。どうぞお気軽になんでも相談してください。

大阪府堺市北区  北花田町 いこま 内科・眼科クリニック  経鼻内視鏡検査、ワクチン、内科、眼科、かぜ、おなか、腹痛、特定健診、胸部、レントゲン、咳、骨密度、動脈硬化、エコー、超音波
日帰り内視鏡手術、検診、内視鏡、指導医、専門医、安全、眼科、小児眼科

〒591-8002
大阪府堺市北区北花田町3丁目45−40
北花田メディカルシティ― 301
TEL:072-256-2323 FAX:072-256- 2322